ルネッサンスリゾートナルト
2009 / 07 / 01 ( Wed )
ホテルの印象は特に部屋も含め、プリンスホテルという感じです。米系チェーンのマリオットグループだと思って宿泊すると設備面で期待はずれです。でもプリンスホテルだと思って宿泊するととても満足です。

プリンスホテルかと思った理由は以下の通りです。
・スタッフのサービスはとても親切で◎
・ツインルームのベッドがシングル。
・ベッドカバーがある。
・ソファーが安っぽい。
・スリッパが使い捨てタイプでない。
・大浴場がある。

■■部屋(ツインルーム)の主な設備等■■
・スリッパ:△(使い捨てでないのが残念)
・設備の新しさ:△(ただし古いですが清潔になってます)
・ベッド:×(シングルでちょっと古い感じ。ベッドカバーがあるのも好きではありません)
・清潔度:○
・シャワーブース:×(翌日もついてました)
・シャワーの種類:ハンドシャワー
・ターンダウンサービス:×
・無料の水:×
・部屋からの景色:◎
・スタッフサービス:○
・主な宿泊者:個人旅行+団体旅行
・コストパフォーマンス:○
・総合評価:3☆
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大塚国際美術館
2009 / 07 / 01 ( Wed )
世界中の名画が集まる美術館
名前のとおり大塚製薬グループ(ポカリや最近では
SOYJOYの)が設立した陶板画の美術館です

西洋絵画約1000点をオリジナルと同じサイズで、色彩も忠実に複製してます。

絵画なら、ボッティチェッリの「ヴィーナス誕生」や「春」。
モネ「日傘の女」。
最近人気のフェルメール「牛乳を注ぐ女」など。

ミラノにある「最後の晩餐」なんて、
修復前・修復後と比べて見れます。

一番素敵だなと思ったのは、環境展示。
古代遺跡や教会などの壁画を環境空間ごと
そのまま再現した今までにない臨場感を
味わえる立体展示(HPより)で、
ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂、
ポンペイの秘儀の間、
オランジュリーのモネの大睡蓮など楽しめます。

値段は3,000円ほどと安くはないですが、
世界中の絵画が一気に見えるし払う価値は
あるのかなって思います。

未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ホテルサンルート徳島
2009 / 07 / 01 ( Wed )
源泉かけ流しの温泉です

駅前にある新しいホテルです。最上階には源泉かけ流しの温泉(鉄を含んだ、有馬温泉のような金泉)、1階にはタリーズコーヒーやコンビニ、土産店などがあり、2階の和食店の定食も美味しかったです。ホテルライフの必要なものがすべて揃った、とても使い勝手の良いホテルでした。
温泉ですが、部屋から浴衣&スリッパで行けます。でも更衣室の洗面にはクレンジングや化粧水などの備品はないので、女性の方は持参するほうがいいでしょう。イオンドライヤーあり。シャンプーとリンスは別々でした。
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
四国霊場巡り体験・五ヵ所まいり
2009 / 07 / 01 ( Wed )
徳島市にある四国霊場を巡る
ウォーキングツアーを実施します。
徳島市一宮町から国府町には
13番札所から17番札所まで
5つの札所が並んでいます。
約7・7キロと短く、
急な坂道も少ないため、
古くから「五か所まいり」として
親しまれています。

日  時:5月9日(土)
集合場所:阿波おどり会館
出発時間:午前9時(小雨決行)マイクロバス無料送迎
解散時間:午後5時
参加費 :1000円(傷害保険代・軽食代)納経帳、朱印料などは自己負担。
定  員:20人程度
参加申し込み:観光ガイド事務所(眉山山頂モラエス館内)088-623-5342で前日まで受付
その他 :お参り、納経は各自で行って下さい。各寺約30分の自由時間があります。飲料水、雨具などの準備をお願いします。
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
『城南宮』の七草粥
2009 / 06 / 29 ( Mon )
名神・京都南ICのすぐ近くにある『城南宮』は方除の神様として有名ですが、旧暦の正月にあたる2月11日には宮内の神苑で栽培された七草を神前に供え無謀息災・延命長寿を願う行事がとりおこなわれ、参拝者に一膳450円でふるまわれます。
お持ち帰りもできます(二人前で1,000円)。
※2月11日以外の日にはありませんのでご注意を...。

春の七草;セリ・ナズナ・ハハコグサ・ハコベラ・タビラコ・スズナ・スズシロ
聞き慣れない名前も多いですが、ハハコグサは「ごぎょう」、タビラコは「ほとけのざ」とも呼ばれています。
スズシロは大根のことです。
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ